スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬を飼うということ

はぁ~…今日はめちゃ身体がいうことききません
常に立ちくらみがあるような感じです。
そろそろ、副作用が脱けてきてもイイ頃なのにな~…
味覚異常もちょっとここ3回ほど、咽頭粘膜の違和感を感じ…喉を通るときに「しゃくしゃく」とした不快感を感じます。。
手のしびれと連動して、粘膜も過敏になっているのでしょう
更に食べ物が美味しくありません。
一番美味しいのは、バナナとかキウイとかの果物
酸っぱい物がおいしいです。
回復力が弱くなりました

今日は父さんもまゆもそれぞれの行くべき所に…。

母は、内職をして、まゆから「お迎えメール」が来るまで横になって体力の充電をします


さて…前置きが長くなりました。

金曜日の深夜に「犬を飼うということ」って番組があります

我が家の「黒柴」りんご9歳
とうとう、ぎゃんぎゃん吠えなくなりました。
夕べから食卓の下に入り込んだまま出てきません。
おしっこもうんこもほとんどしなくなりました。

昔、飼い犬って、放し飼いのことも多くて、出産や死を「縁の下」で迎えた記憶が蘇ります。
明らかに、今のリンゴは「死」を待つだけになっちゃいました。

吠えたら吠えたで、ご近所に誤り…苦しみが可哀想ですが、吠える元気もなくなってしまって…
でも、何だか穏やかな目をしてるんです。
撫でても姿勢を直してやっても、無抵抗で素直です。

いわゆる人間で言う「受容」の時期に入ったのでしょうか…。
その今までにない「無抵抗さ」が愛おしく悲しくなります。

私が入院している間に具合が悪くなってしまてから、
「元気になろな」と声をかけ、毎日私と一緒に頑張っていたんですが…

そろそろ昏睡状態に入るかな…と思いきや…
夕べから、水を飲むようになり、卵焼きや味噌汁の具の軟らかい野菜なんかを口にするようになりました。
大好きだったパンは食べません。
まだ、もうすこし長らえてくれるかな…。

「犬を飼うということ」は大変な可能性を覚悟の上飼わなければいけないってこと…
私は、「癌」の抗癌剤治療を受けていますが、散歩に連れて行く体力はなくなりました。

もし、りんごが元気だったら…散歩ができなくなります
そんなこと…いろんなことを考えて飼わなければなりません。

P1090302_convert_20110524184430.jpg





テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みほちょり

Author:みほちょり
三人家族の「おかん」です。
思うところあり、看護師・福祉で過ごした約25年の労働人生に幕。
専業主婦3年生…しばらく家庭で娘を見守ることにしました。
そうしている内に…なんと「大腸癌」手術を経て、抗ガン剤治療が始まりました。

軽い知的障害をもつ一人娘のまゆは今年、支援(養護)学校の高等部3年生。
よさこいの「三國鷲」の一員に加わりどんどん急成長の陽気な18歳。
関ジャニ∞・NEWS大好き♪。

大黒柱の父さんも数年前重症のうつ状態になりました。
でもそれ以来、とがった性格も身体も丸みを帯び、今では家族円満。

いまだにいろんな試練はありますが…
そんないろいろのお陰で、仲良しの3人家族です。

ツイッター
miphochoriをフォローしましょう
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ガンバレ野菜くん
HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
>
パンダの時計

by Animal Web Clock
金魚
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。